たくさん問題を解きすぎると偏差値は下がる!?

『あなたはたくさんの問題を

解いてはいないですか?』

 

こんにちは

 

らんです!

 

今回は数学や理科に関して

『問題をたくさん解かずに

 偏差値を上げる方法』

を話して行きたいと思います。

 

 

受験生は気づかないうちに

模試やテキストや問題集や過去問

といった様々な問題に触れています。

 

もちろん勉強をしていれば

たくさんの問題を解いていくのは

当たり前のことでしょう。

 

 

しかしそれが時には

『偏差値が伸びない大きな原因』

ともなり得るのです。

 

f:id:alanfree:20170813235114j:plain

 

しかし世の中の受験生は

自分がやっている勉強法が

”間違っている”だなんて気づきません。

 

「誰にも指摘されない」

からです。

 

そして時間だけが経過してしまい

結局、受験直前になっても

偏差値は少しも伸びないまま。

 

 

私も浪人生から

「どのように勉強しているか」

を聞く機会があるのですが

 

偏差値が伸びない勉強をしている人が

意外にもすごく見受けられます。

 

せいぜい友達の勉強方法を聞いて

「自分のやり方よりもいいな」

と思って勉強方法を変えるくらいでしょうか。

 

 

予備校に関しても

先生たちは授業をするだけで

別に自分の勉強スタイルは

あまり指導してくれません。 

 

 

 

だからこそ

あなたは今ここで

正しい勉強方法を

知る必要があります。

f:id:alanfree:20170810233728j:plain

 

※自分の勉強方法があって

実際に偏差値を伸ばしているのなら

この先の話は必要ありません。

 

〜 なぜたくさん解いてはいけないのか〜

 

「たくさん問題を解いた方が

経験値が上がるから絶対いいでしょ!」

 

と思う受験生の人も

多いかもしれませんが

それが間違っている理由

これから話していきます。 

f:id:alanfree:20170829143841j:plain

 

厳密には間違ってはいないのですが

少し捉え方が違うんですね。

 

 

私が言っているのは

 

『たくさんの問題を解きすぎて

1問1問の復習が

おろそかになっていないか? 』

 

という話です。

 

たくさんの問題を解く

ということは

それだけ復習の量も多くなります。

 

1発で正解した問題は

何回解いても出来るので

その問題は復習する必要はありません。

 

がしかし

「全部の問題が出来るわけないですよね?」

 

 

となれば復習できる問題が

時間的に限られてしまいます。

 

全部を復習しようと思ったら

”あまりにも非効率”

です。

 

例えて言うなら

「観たい映画をまとめて同時に観る」

ようなものです。

 

そうなれば

頭もごちゃごちゃです。

f:id:alanfree:20170829145552j:plain

 

時間は有限なわけですから

”一番観たい”

と思う映画から観ますよね。

 

勉強で言うなら自分にとって

”一番大事だと思う問題”

から復習してください。

 

 

人それぞれで

大事な問題は違います。

 

苦手な分野も違いますから

どの問題を重点的に復習すべきかは

その人自身が一番分かっているはずです。

 

〜復習のポイント〜

 

「一番大事な問題から復習する」

と言いましたが

もう1つポイントがあります。

 

『問題を切り捨てる』

ということです。

 

別に、解いた問題を

片っ端から復習する必要はありません。

 

 

自分が解けなかった問題でも

「この問題は他で復習できるからいいや」

という気持ちを持って

切り捨てる覚悟を持ってください。

 

そして復習する問題を

”正しく選んでください”

f:id:alanfree:20170804221350p:plain

 

〜まとめ〜

 

〇問題をたくさん解くことよりも復習すること

 

〇 復習する問題を正しく選ぶ

 

それでは最後まで

読んでいただきありがとうございました。

 

 

あらん

 

===================

★アンケート回答者限定

【浪人完全攻略プログラム】

プレゼント実施中!!

 

アンケートはこちら

https://goo.gl/8tnEG1

 

あらん公式LINE

https://line.me/R/ti/p/%40oue6991o

 

他の記事はこちら

===================