【注意】電車の中で英単語帳を使っている人へ

こんにちは!

 

らんです。

 

今回はタイトルにもある通り

電車の中で英単語帳を使っている人に

向けて話をしようと思います。

f:id:alanfree:20170819214957j:plain

 

今から話すのは

英単語の吸収率を大きく飛躍させる

内容となってます。

 

 

例えるなら100単語を覚えるのに

10日間かかってたところ

”わずか3日間”

で覚えるようになります。

 

それくらいの差が出てくるので

今すぐにこれから話すことを

ちゃんと電車で行ってくれれば思います。

 

英単語を多く覚えてれば

長文読解の点数も

その分だけ上がります。

 

「英単語を覚えるだけでですよ?」

f:id:alanfree:20170727011247j:plain

 

その為には

「電車の中の時間」

が非常に大切になってくるのです。

 

〜英単語帳の使い方〜

そもそも

電車の中の話をする前に

あなたはちゃんと単語帳を使えてますか?

f:id:alanfree:20170819222516p:plain

もしわからなければ

この記事を参照してから

また戻ってきてください。

 

 

 

結論を端的に言うと要するに

「何回もテストしろ」

ということなんですね。 

 

まぁこの記事を

読んでくれているあなたは

ちゃんと出来ていると私は思ってます。

 

〜電車での勉強の仕方〜

電車に乗るということは

必ず制限時間が決まっています。

 

乗った駅から降りる駅までですよね。

f:id:alanfree:20170819231545j:plain

その決まった時間の中で

”いかに英単語を多く覚えられるか”

ということが

吸収率をあげる上で大事になるのです。

 

あなたは普段そんなことを考えて

電車に乗っているでしょうか。

 

おそらくこれを意識している人は

かなり少数だと思います。

 

けど合格するのは

その少数の人たちです。

f:id:alanfree:20170819232308j:plain

 

 

〜吸収率をあげる〜

さて本題に入りましょう。

 

電車に乗っている時間を変えずに

暗記の吸収率をあげようと思ったら

どうすればいいと思いますか?

 

少し考えて見てください。

 

 

 

 

 

 

 

はい、思いついたなら

まずはその方法を

試してみてください。

f:id:alanfree:20170810234529j:plain

 

結論から言います。

 

「回転率を上げよ」

 

吸収率をあげる=回転率をあげる

ということです。

 

つまり

ページをめくるスピード

を上げてください。

 

例えば

1単語に5秒費やしてたら

2秒に減らしてください。

 

1つの単語を長い時間見てるより

短い時間で何回も見る方が覚えます。

 

それは脳が

回数重ねた方が記憶する仕組みに

なっているからです。

f:id:alanfree:20170427152214p:plain

 

人間だって

何回も会っている人の方が覚えますよね。

 

歌も何回も聞いている曲の方が

歌詞とか覚えちゃいますよね。

 

 

全く一緒です。

 

それでは

実際に今単語帳を出して

いつもの2倍以上のスピードで

取り組んで見てください。

 

それだけ集中力も必要になりますが

確実に暗記できる単語数も上がります。

 

だって同じ時間なら

たくさん英単語を覚えた方がいいですよね。

f:id:alanfree:20170709214355j:plain

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

役に立ったらポチッと押してください⬇️

にほんブログ村 受験ブログへ

 

他の記事はこちら