脳科学で攻める、一瞬の集中法

こんにちは!

 

あらん@浪人プロ講師です!

 

いきなりですが

 

「あなたはすぐに勉強を始められますか?」

f:id:alanfree:20170702184507j:plain

 

今日は勉強をスタートするときに

”人が変わったように一瞬で”

集中できる方法を教えたいと思います。

 

 

この方法は脳科学に基づいており

イェール大学による実験で立証されています。

 

なので実践すれば誰でも

100%勉強に集中できるようになります。

 

机についても

ケータイを触ってしまったり

ダラダラしてしまうときありますよね?

 

「なんかぼーっとしてしまう」

 

「気づいたらスマホを触り

1時間経ってしまってた」

f:id:alanfree:20170706160012j:plain

そんな経験ありませんか?

 

あなたはこの瞬間から脳の仕組みを知って

一瞬で集中できるようになり

偏差値がぐーっんと上昇します!

 

そして勉強の質が上がり

他の受験生に圧倒的な差をつけられます。

 

逆に

 

この脳の仕組みを知らないままだと

今まで通りの集中速度です。

 

そして

勉強の質も今まで通りです。

 

成績の伸びもそこそこ。

 

勉強の効率は

ちっとも上げることは出来ません。

 

ダラダラとしてる状態から

自分のことをコントロール出来ず

受験でまた”失敗”してしまう。

 

f:id:alanfree:20170706160957j:plain

 

『そんなの嫌ではありませんか?』

 

脳の可塑性

 

心配しないでください。

 

もう一度言いますが

脳は自分の意識次第でコントロール出来ます。

 

 

もともと脳というのは

”動いていないときはやる気が出ない”

そういう風に作られています。

 

じゃあどうすれば良いか?

 

脳を動かせばいいんです!

f:id:alanfree:20170706161824j:plain

 

脳への理解

 

一番大事なのは

 

「今は脳が動いていないんだな」

 

という風に

自分自身が理解してあげる

ことが大事なのです!

 

理解してるのと、してないのとでは

1年後の成績の伸びは約21%違います。 

 

なので

 

・簡単な問題を解いてみる

・単語帳を開いてみる

・英語の音読をしてみる

 

なんでも構いません。

 

とりあえず”簡単なこと”から

脳を動かしてみればいいのです!

 

そうすると

脳は動き出してくれるので

自然と脳が集中モードに入ります。

f:id:alanfree:20170706162649j:plain

 

うまくいっている受験生は

これを無意識のうちに

身につけていることが多いです。

 

 

なのでこれが身についていない人は

頭の中で脳の仕組みを理解してあげましょう。

 

それでは、今すぐに頭の中で

「自分はすぐに集中できる」

と真剣に思い込みましょう。

 

私も浪人時代にこのやり方を意識していたので

ダラダラすることは

ほとんど無くなりました。

 

是非あなたも取り入れてみてください。

 

最後までご覧いただき

ありがとうございました。

 

よければこちらにも

脳科学を取り扱ったことを載せています↓

http://alan-rounin.hatenablog.com/entry/2017/05/03/171137